こはるびより

宇宙旅行を夢みる大学生の雑記

ウクライナから愛をこめて

f:id:inouekoharu:20170517235434j:image

久しぶりに書く(笑)

 

最近ようやく卒論のテーマを決めることができました。わたしのことをだいたい知っている人であれば、予想できるかと思いますが

 

旧ソ連諸国の宇宙政策

 

です。(笑)ロシア・ウクライナカザフスタン、なかなか資料が手に入らず苦戦してますが、何か面白い情報があればたぶんブログに書くと思います。(笑)

 

ウクライナ人の国民性について気軽に知れる本がないかと探していたところ見つけたのがこの「ウクライナから愛をこめて」。東大の院に留学をしていたオリガ・ホメンコさんという方のエッセイです。

 

ウクライナの首都キエフに生まれ、
チェルノブイリ原発事故の記憶が
深く心に刻まれた子供時代をすごし、 日本の大学で学んだ女性がいま、 忘れられない人々の思い出と故郷の街の魅力を日本語でつづったエッセイ。
ひまわりの国と桜の国を結ぶ言葉の架け橋。

と紹介されています。Amazonで買おうと思ったけれど、なんかもうすぐに読みたくなって本屋に買いに行った。(笑)

 

早速この本の良かったところなどを書いていきたいと思います。あまりレビュー等が見つからなかったので、これから読む人の参考になれば…。

 

ウクライナの文化

f:id:inouekoharu:20170517224440j:image

 このエッセイは18章で構成されていて、そのほとんどは著者と関係が深い人物とのエピソードになっています。

 

 作中にはダーチャ(別荘)やウクライナ人の名前の意味や祝日が登場し、ウクライナ人がどのようにとらえているのかが語られています。

 

中でも印象深かったのは

ウクライナでは人が亡くなったら、まわりの人に食べ物を配る。

ウクライナより愛をこめて 本文より)

です。あまり想像ができないこの風習、ネタバレは良くないと思うので気になった方はぜひ読んでみてください!

 

おとぎ話みたいな本当の話

f:id:inouekoharu:20170517224336j:image

 作品の中には映画みたいに素敵な物語がたくさんあるのですが、悲しい結末を迎えるものもあります。

 

 その背景には革命やソ連崩壊、チェルノブイリ放射線などの出来事が…。出来事の概要はググればすぐにわかるけれど、現地の人がどのような暮らしをしていたのか、どのように感じていたのか、こんな噂が流れた……などはこの本ならではだと思いました。

 

ウクライナ愛国心

f:id:inouekoharu:20170517231946j:image

 色々書きましたが、1番学べたことは「ウクライナ人の愛国心はどこから来ているのか」ということです。

 

 わたしはこの本の中のエピソードを通して、ウクライナの国旗が水色と黄色でできている理由を元々知ってはいたのですが、ものすごく納得することができました。

 

f:id:inouekoharu:20170517233759j:image

f:id:inouekoharu:20170517233500j:image

 わたしが言うのもなんだか変ですが、ウクライナについて学ぼうとしている方にはぜひ読んでほしい一冊です。

 

おしまい。

 

関連記事


 

 

こたつで貸切プラネタリウム!念願のポラリスに行ってきた

f:id:inouekoharu:20170205165654j:image

久しぶりの投稿です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

昨日は念願の「あの」場所に行ったので、ブログを書きたいと思いますー!

 

知ってた?大阪に登場、貸切プラネタリウム

その名も「ポラリス プラネタリウムボックス」!!

 

何が凄いかって、このプラネタリウムは貸切なのとそのクオリティ!!!!

 

楽しみ方いろいろ、貸切プラネタリウム

f:id:inouekoharu:20170205170932j:image

f:id:inouekoharu:20170205171337j:image

 こちらの写真はポラリスの建物内なんですけど、暗くなる前からすでに宇宙充できるようになってます。

 

 飲食物の持ち込みも可能で、BGMを自分で流すこともできました!

 ちなみに私は大好きなBUMP OF CHICKENのオルゴールをかけてもらった(笑)

 

 冬は期間限定でこたつがついてるみたいなんですけど、ぽかぽかしながら星空を堪能したりも!

 

 さらにさすが!と思ったのは、レーザーポインターが置いてあるので、夢の セルフ星空解説もできます!感動!

 

楽しいだけじゃない、ハイクオリティ星空!

 プラネタリウム好きが1番気になるのはやはり、そのクオリティだと思います。

 

 ポラリスが使っているのは「MEGASTAR CLASS」でした!

 

 持ち運びもできる小型プラネタリウムなのですが、100万個の星をプラネタリウム館と同様に180°全方向に映し出すことができる最強の商品です!(回し者じゃないです)

 

 メガスターというのは、大平技研によるプラネタリウムシリーズの名前です。有名なところだと日本未来科学館が「MEGASTAR-II」を採用しています!

 

ちなみにCLASSには

COMPACT(小型)、LIGHT(軽量)、ACCURATE(精密)、 SIMPLE(簡単)、SILENT(静音)

の意味が込められてるそうです!

 

 さらに、青空、夕焼け、朝日などプラネタリウム館と同じような演出をタイマーで設定できるのもCLASSの魅力!実際にポラリスでも体験することができました!

 

 結局何が言いたかったのかというと、ポラリスは140万円もするMEGASTAR CLASSをたったの1500円で独り占めできる最高の空間だということです!(笑)

 

関西にお住いのみなさんぜひ!

 

ポラリスHP☞http://planetariumbox.space/

 

★関連記事

 

 

 

 

ケネディ宇宙センターへの行き方3選

f:id:inouekoharu:20170205205611j:image

 こんにちは!

 先日念願のケネディ宇宙センターに行って来ました٩( ᐛ )و ✩**・

 

 観光スポットなので電車などで行けるのかな、と思いきやオーランド国際空港から結構離れているし(そりゃそうだ笑)フロリダは車社会なので中々悩みました(笑)

 

 あまり日本語で読める比較記事も見当たらなかったので書いておきます。行く予定がある方参考にどーぞ 

 

そもそもケネディ宇宙センターってどこ?

知ってるよ!って方はとばしちゃってください!(笑)

f:id:inouekoharu:20170206130709j:image

まずはフロリダの位置ですね(笑)

f:id:inouekoharu:20170206130746j:image

最も近い空港はオーランド国際空港です。空港から車だと45分程度かかります。

 

レンタカー

f:id:inouekoharu:20170206125848j:image

 人数にもよりますが、時間の融通がきくしこれがおそらくベストです。

 

 レンタカーの予約は日本からでも出来ますし、空港にも何社かレンタカー会社のブースがあって予約することができます。

 

 現地の友人に車に乗せてもらう機会があったのですが、恐ろしいほど速かったので自信がない方は別の方法がいいんじゃないかと思います!

 

日本語サイトでツアーを予約

いくつか私が見たものをご紹介しますね!

 

★エクスペディア

 指定ホテルからケネディ宇宙センターまでの送迎と入場券がセットになったツアーや、さらに宇宙飛行士とのランチ付きのプラン等があります。

 

 航空券をエクスペディアで予約すると 割引がある のは助かりますが、提供している旅行会社に事前に集合場所等を 国際電話で確認 しなければならなかったのは少し面倒に感じました。

 

★Veltra

 Veltraは海外オプショナルツアー予約サイトです。

 

 ケネディ宇宙センターに関しては、送迎のみのものから、日本語ガイド付き、エアボート体験付きなど10種類以上のラインナップがあります。

 

 サイト内に値段や内容の比較ページがあったり、何かわからないことがあった場合の 問い合わせがスムーズ なのは良い点だと思います!!!

 

 ちなみに指定ホテルからの送迎(入場券別売り)は大人1人あたりUSD59.00〜です。(2017年1月)

 

英語サイトでツアーを予約

Gray Lineというオプショナルツアー予約サイトです。他のサイトでもこのエージェントのツアーを扱っているのを多く見ます。

Kennedy Space Center Tour

 このページは送迎+入場券で大人1人あたりUSD104.00(2017年1月)、チケットがUSD53.00なので日本語サイトから予約するよりも安くなります!

 

 実はこのサイト、日本語版もあるのですが、訳がちょっと変……(笑)

f:id:inouekoharu:20170206222144j:image

カレンダーの曜日、辛うじてわかりますが……(笑)なぜか英語の方がわかりやすかったので、わたしは英語版を利用しました!

 

まとめ

ツアー予約にかかる値段に関しては、セールや割引によって変わるので、航空券やホテル、時期に合わせて購入するのをおすすめします!

名前と名字が入れかわってる〜!?痛すぎるうっかりミスの対処法

f:id:inouekoharu:20170205182437j:image

 

こんにちはー! 今日は海外旅行中に発覚した1番辛かったハプニングを紹介します(`・ω・´)

 

 わたしもそのときはヤフー知恵袋や色んな方のブログ記事が参考になったので、困ってる方の少しでも助けになればと思います!

 

 いま困ってない方でも、ちょっと注意するだけで防げるのでぜひ読んでもらえれば〜!

 

出発当日に発覚したハプニング

f:id:inouekoharu:20170205183018j:image

 それはトロントに留学中、翌朝からのフロリダ旅行に向けて荷造りをしているときのことでした。

 

 某航空券予約サイトで エアカナダ トロントモントリオール→フロリダの航空券を予約したのですが、送られてきたEチケットに不明な点があったので問い合わせをしました。

 

 「っていうか、お客さんの航空券名前と名字逆だよ!」

「航空会社によってバラバラだけど、交渉次第でワンチャンいける」

 

 みたいなニュアンスの予想外の返答(実際はのんなに砕けてなかった笑)が返ってきて、震えました。

 

 日本だと 山田 花子 になるのが

英語圏だと Hanako Yamada になるじゃないですか。日本語のまま Yamada Hanakoで航空券を予約してしまったということです……。

 

 ネットで調べてみると通常、パスポートと航空券の名前は完全に一致しなければならないことと キャンセル→もう一度予約し直し の流れが一般的と書いてあったのですが、当日だったのでキャンセル料金が全額+冬休み期間なので混雑予想 で涙目でした。

 

 フライトまではまだ6時間程度あったのですが、とりあえずキャンセルして別の飛行機を取ったときのために急いで荷物をまとめてピアソン国際空港へ…

 

誰も助けてくれない、海外の空港

f:id:inouekoharu:20170205184750j:image

 空港に到着して、何かの間違えであってください…と思いながら、チェックインを試みたのですが、何度やっても「パスポートと照合できません」の文字が出てダメ。

 

 カスタマーサポートに行っても、「あなたのフライトまだまだ時間あるじゃないの〜笑笑 」と言われ、ハプニングの説明すらさせてもらえません(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

 空港の総合案内所に行ってみると金髪の綺麗なお姉さんに「残念だけど無理だと思うわ!(キッパリ)」と言われてしまって、絶望していたそのとき!

 

 仕事終わりのエアカナダのお姉さんと目が合いました!

 

意外とゆるい

f:id:inouekoharu:20170205182749j:image

 お姉さんに事情を説明すると、エアカナダのカスタマーサポートの職員さんに掛け合ってくれました!

 

 ドキドキしながら職員さんがPCのキーボードをカタカタしているのをみていると、

 

「君はやく来すぎでしょーハハッ」

と言いながら、名前と名字を修正した航空券を発券してくれました!

 

意外とすんなり!念のためにありとあらゆる身分証明書を用意して来ていたのですが、全く必要がありませんでした(笑)

 

 ちなみに帰りのフロリダ→トロントの便もやっぱり名字と名前が逆になっていて、チェックインが出来なかったのですが、カスタマーサポートの人に伝えるとすんなり発券してくださいました(笑)

 

まとめ

 今回はエアカナダでの場合しかわからないのですが、意外とすんなり発券してくれる航空会社もあるみたいです。

 

 ミスに気づいて空港で手続きをする場合は、わたしは使いませんでしたが念のためにeTAの確認メールを印刷したものや学生証など身分を証明できるものがあるといいかもしれませんね!

 

 もちろんミスしないことには越したことはないので、これから旅行に行く予定がある皆さんも気をつけてくださいー✈︎

宇宙飛行士に聞いた!カナダの宇宙開発

f:id:inouekoharu:20161024083424j:image

 こんにちは!カナダでどうにか生き延びてます、こはるです!

 

 だいぶ日にちが経ってしまったのですが…、

 f:id:inouekoharu:20161024105424j:image

 10月12日にトロントで行われた"An Astronaut's Voyage to the Final Frontier"というStartrek 50周年記念イベントに参加してきました!

 そこでゲストで来ていたCSA(カナダ宇宙庁:Canadian Space Agency)のJeremy Hansen(ジェレミー ハンセン)宇宙飛行士に質問をすることができました!

 今日はそのイベントの概要と合わせて紹介していきたいと思います٩( ᐛ )و ✩**・

 

イベントの様子

f:id:inouekoharu:20161024104826j:image

f:id:inouekoharu:20161024104810j:image

 (Trek Talks: Astronaut Jeremy Hansen On the Final Frontierより)

 

 イベントはハンセンさんをお招きして、Startrekに登場するテクノロジーと比べながら現代の技術を知る、といった趣旨のものでした。

 

  ハンセンさんは2009年に選抜された宇宙飛行士の1人で、現在はISS国際宇宙ステーション:International Space Station)での滞在に向けて訓練をされています。詳しくはこちらの記事をどーぞ!

  携帯電話やナビゲーションシステムから、カナダアームまでハンセンさんの面白いトークで会場は大盛り上がりでした! 映画館で行われたので、プレゼンテーションの写真や動画も楽しめました。(笑)

 

ISS 2024年問題。

f:id:inouekoharu:20161024110431j:image

 ご存知の方も多いかと思いますが、実はこのISSは今のところ2024年で運用を終了することになっています。けれど実はもともと2020年までの運用の予定で、アメリカ・ロシア・カナダ・日本が参加延長することを決めたのです。

 

 CSAは今回のゲストであるハンセン宇宙飛行士と彼と同じ時期に選抜されたデイヴィッド セイント ジャックス宇宙飛行士を2019年、2024年にISSに送るとしています。

 

 と、いうことはこの2人がISSにいくカナダ最後の宇宙飛行士? カナダの有人宇宙は終わってしまうのか!?

 

 と思いきや、6月にCSAが宇宙飛行士の新規募集を行いました。来年までに選抜されることになっています。詳しくはこちらの記事を!

あれ???

 

ということで、ハンセンさんのトークショー終了後にお尋ねしてみました!

 

 回答は概要は

 

・CSAはISS終了後の完全な計画はまだ立っていない

ISSには大きな学びと利益がある

 ・2024年には今よりも技術が進んでいるはず…

 

でした。やっぱりか!(笑)

 他の質問者の回答に「宇宙飛行士たちは今後、月や火星、深宇宙を目指さなければならない」と話していました!

 

 今年宇宙飛行士を募集するということは、初フライトはいまのペースでは2024年以降になると考えられます。

 

  アメリカはISSの移譲やロシアとの新宇宙ステーション建設予定(?)などニュースが出ています。

  2024年以降は独自の宇宙ステーションを持つ国も出てくるかと思いますが、そうなると…軍事利用の面で少し不安になりますね、宇宙法の出番かな…。(笑)

 

 正式な発表はされていないけれど、何か計画が進んでいるのでしょう。これからもカナダの宇宙開発に期待です!

 

おまけ

 イベント終了後、「宇宙をもっと勉強したくて日本から来ました」と伝えたら写真を撮ってくださいました!f:id:inouekoharu:20161024115805j:image

ブルースーツかっこいいなあ(´-`).。oO

 

 ★関連記事

カナダの宇宙イベント行ってみた!

f:id:inouekoharu:20161024052115j:image

 カナダはもう冬だと思ってます。
こはるです!

 だいぶ日にちが経ってしまったのですが、先日こんなイベントに参加してまいりました!今日はそのことについて書いていこうと思いますー!

 

映画館に宇宙飛行士が…?

今月10月12日にトロントで行われた"An Astronaut's Voyage to the Final Frontier"

f:id:inouekoharu:20161024053452j:image

Trek Talks: Astronaut Jeremy Hansen On the Final Frontierより)

 "Star trek"の50周年記念イベントで、なんと映画館にCSA(カナダ宇宙庁:Canadian Space Agency)のJeremy Hansen宇宙飛行士をゲストに呼び、SF映画と現代の宇宙開発を比べてみようじゃないか!というものでした(笑)

f:id:inouekoharu:20161024053518j:image

Trek Talks: Astronaut Jeremy Hansen On the Final Frontierより)

 

 ハンセンさんについてはこちらの記事で紹介してます!(笑)

一応カナダでも学生やってるので、授業などの関係で参加できたのは最初の1つだけです(涙)

 

f:id:inouekoharu:20161024054607j:image

 値段は普通に映画を観るより少し高めくらいでした。早めに行って、関係者席を除いた最前列真ん中の席をゲット!

 写真は撮影禁止だったのでありません!

 

 時刻になるとブルーブーツに身を包んだHansen飛行士が、シアター内に拍手で迎えられいよいよ始まり!

 

 最初は自己紹介や彼が宇宙に興味を持った経緯が説明されました。それから順にStar trekに登場するテクノロジーと現代の技術を比べっこ。客層は学生はほとんど見当たらず、年配の方が多い印象でしたが、Hansen飛行士のトークに常に笑わされていました!

 

 SFが現実に!

 ナビや携帯など、Startrekに登場していて現実になっているものをHansen飛行士はいくつも紹介されていました!

 

 ここではわたしが1番宇宙飛行士らしいなと思ったことを1つとりあげます!

 

 それはISS国際宇宙ステーション:International Space Station)がInternationalであるところです。

 

 Startrekの世界では、人間同士の戦争や差別問題などはなくなっています。

 

 また既に知っている方も多いかと思いますが、ISSには常にアメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州宇宙機関など様々な国籍の宇宙飛行士たちが一つのチームとなって働きます。

  

 この共通点をHansen飛行士は最初の方に紹介していたのですが、宇宙飛行士の訓練を積んでいるからこそ気づけることなのかもしれません!

 

 ISS参加国が紹介されているときに、「Japan」とアメリカとロシアの次に呼ばれたり、日本人宇宙飛行士の写真がスクリーンに映されたとき、自分は何もしてないのですが誇らして、自分はやっぱり日本人だなと実感したりもしました。(笑)

 

 余談ですが、以前わたしがブログにも書いた「Canadarm」は、かなり画期的で独特な形をしていますが、Hansenさん曰く実はCanadarmのそっくりがStartrekに登場している…?だとか。(笑)

 

※英語でのトークショーを自分なりに解釈したので表現に違いがあるかもしれません。

★関連記事

 

カナディアン宇宙飛行士 ジェレミーハンセンさん

f:id:inouekoharu:20161024082439j:image

こんにちは!

 日本人以外の宇宙飛行士について書かれている和訳記事ってあまり見当たらない……ですよね!せっかく色々な言語を勉強しているので、宇宙好きな皆さんのお役に少しでも立てれば!と思い書いてみます。

 

 今日はカナダの宇宙飛行士、Jeremy Ronger Hansen(ジェレミー ランガーハンセン)さんについてです。

 

経歴 

  1976年1月27日生まれ

 出身はイギリス!ではなくカナダのオンタリオ州ロンドンです↓

 f:id:inouekoharu:20161024073359j:image

 

 ハンセン飛行士は2008年夏に行われた、カナダで3回目となる宇宙飛行士募集に応募し、2009年にDavid Saint-Jacques飛行士とともに5300人以上の中から選抜されました。

  

 オンタリオ州にあるカナダ王立軍事大学(Royal Military College)の出身で、学部では宇宙科学、修士では物理を専攻していたようです。

 

 12歳からAir Cadet Programという訓練プログラムに参加、17歳のころにライセンスをとり、宇宙飛行士応募前はCF-18 Hornetというカナダ空軍の戦闘機のパイロットを務めていたようです。

 

 また英語とロシア語(プロフィールによると基礎)に加えてフランス語が話せるそうです。ちなみにカナダの公用語は英語とフランス語なので、両方でコミュニケーションをとれることが宇宙飛行士応募の条件になっています。

 

 2011年にカナダ宇宙飛行士訓練過程を終了し、現在はISS滞在に向けての訓練やロシア語を磨いているそうです。

 

人物

 宇宙飛行士を目指したきっかけは、Neil Armstrongの写真を見たときだとインタビューやトークショーで語っています。

 

 すでに結婚されていて3人の子供がいるそうです。趣味はヨットやロッククライミング、マウンテンバイクなど!

 

 ★カナダの宇宙飛行士を知るなら

 

★関連記事

 参考

Biography of Jeremy R. Hansen - Canadian Space Agency

・インタビュー動画 Meet Canadian Astronaut Jeremy Hansen - Canadian Space Agency 

Trek Talks: An Astronaut’s Voyage to the Final Frontier