こはるびより

宇宙旅行を夢みる大学生の雑記

プラネタリウム解説やってみた

f:id:inouekoharu:20160310174302j:image
天井も壁も無くなって 変わりに宇宙を敷き詰めて  窓は一度も開けないままで 全てを手に入れた
これはわたしが大好きなバンド、BUMP OF CHICKENプラネタリウムという曲の歌詞です! いい曲!(説明雑)
 それでは今日の話題!
 

プラネタリウム解説やってみた!

f:id:inouekoharu:20160310175535j:image
 みなさん一度は見たことがあるでしょう、プラネタリウム!昨日なんとそのプラネタリウムの解説しちゃいました!
 

そもそもなんで!?

f:id:inouekoharu:20160310195523j:image
 実はわたし、昨年4月から明石市立天文科学館の宙ガール養成講座を受講していました。
 明石市立天文科学館とは日本の標準時東経135度が通っていることと日本最古のプラネタリウム投影機があることで有名な科学館です。
 
 毎月1回講座を受け、全部受講すると明石市立天文科学館公認の宙ガールになれるんです。笑  講座の内容は星座や天文についての講習を受けたり、天体望遠鏡の使い方を習ったりなどなど!
 
 物理学には興味があってそれなりに知識があるのだけど、星座は全然知らないわたしには毎回の講座がとても新鮮で面白かったです。
 
 この養成講座の定員は30人ほどなのですが、今年度は人気で抽選が行われたんだとか。ちなみにその倍率は3倍…。受講生の中には昨年落選し今年やっと…!という方もいらっしゃいました。この宙ガール講座についてはまた別の記事に後日書きたいと思います。
 
 その講座の後半では「星空案内をしよう」というプログラムあり、最終回で行うプラネタリウム解説に向けて、原稿を作成し練習をしていきました。
 

準備

f:id:inouekoharu:20160310202947j:image
 プラネタリウム解説はグループごとに行います。受講生は4グループに別れているので、季節ごとに分かれ、わたしのグループの担当は「春」でした。
 そしてわたしは「猟犬座」と「牛飼座」の球状星団を担当しました。他の星座解説の原稿を参考にわたしも原稿を書きました!
 
  BGMはコブクロの「桜」やYUIの「CHE.R.RY」など春っぽい曲をオルゴール風に編曲し、ベルやグロッケンなど星が流れるイメージの効果音を足しました。久々にDTM編集だったのですが我ながらなかなかのでき(๑•̀╰╯•́)و.。.:*✧
 
f:id:inouekoharu:20160310201011j:image
さてさて、これはなんでしょう?
 
マイクではありません。
 
そう、ポインター!矢印が出るやつです。これで星を指すのですが、意外とこれが重くて手が震えてしまうのです。
 震えてしまうともちろん見づらくなってしまうので、お腹で支えるのがいいと学芸員の方からアドバイスをいただきました!
 

いよいよ本番

いざ本番が始まり、星が投影されると…。
 
目印がない!!!
 
さっきまで見ていた星座早見表では比較的明るい星々、スピカもアークツルスも見つけられたのに…。 春の夜空って冬や夏みたいに目立つ星座が少なく、解説が難しいらしいです。どうにか北斗七星を見つけそこから線を描き、星々を見つけていきました。
 
 どうにか自分の出番を終え、好評では学芸員の方に読み方が良かったとお褒めいただきました。笑
 
*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:
 
 プラネタリウム解説は子供の頃から何度も憧れました。こんな形でやる日が来るとは…。 プラネタリウム解説って読むのも構成・原稿作成や星座を指すのも意外と難しいんですね。これからプラネタリウム見る視点が少し変わりそうでした!
 
 明石市立天文科学館の宙ガール養成講座はおそらく来年度も募集されると思います!興味がある方は4月ごろぜひHPを覗いてみてください!それでは今日はこんなところで…。