こはるびより

宇宙旅行を夢みる大学生の雑記

昨夜くらべてみました、世界の宇宙遊泳

f:id:inouekoharu:20160319193310j:image
さて、昨日は何の日だかわかりますか?

「人類が初めて宇宙遊泳した日」です。
 1965年3月18日、旧ソ連の宇宙飛行士、アレクセイ・レオーノフが12分間の宇宙遊泳を行いました。「地球は青かった」と語ったことで有名なユーリ・ガガーリンの人類初宇宙飛行から4年後のことです。

 レオーノフが宇宙遊泳を行う最初の宇宙飛行士に選ばれた理由の一つに、絵がうまかったことがあげられると本人が語っています。

f:id:inouekoharu:20160319180536j:image
f:id:inouekoharu:20160319180856j:image
f:id:inouekoharu:20160319180552j:image
これは帰還後彼が描いたものです。吸い込まれてしまいそうなくらい、素敵な絵ですね。

宇宙遊泳っていうけど

「宇宙遊泳」って言葉、なんだか面白くないですか?(笑)
 
 宇宙遊泳とは一般的に「宇宙服を着た宇宙飛行士が宇宙船の外に出て活動すること」などと定義されていますが、

WHY Japanese People?
泳いでないし遊んでもねーよ!

と思ってしまうのはわたしだけですか?(笑)
 調べてみると翻訳ミスだとも言われているみたいで、最近では宇宙遊泳よりも「船外活動」と言われることのほうが多いようです(確かに!)

 翻訳ミスって……。
 気になったので他の言語の「宇宙遊泳」を昨夜くらべてみました!
 すっごくどうでもいいこの企画……。どうか最後までお付き合いください!(笑)

英語

英語で宇宙遊泳は「Spacewalk」!

WHY American People?

歩いてねーよ!

 これだとマイケルジャクソンのムーンウォークみたいなのを想像してしまいます。(笑)
 でも考えてみればWalk以外の表現がみつからないし、「宇宙版徒歩」だと解釈するとしっくりくるような気がします。

 ちなみにこの言葉の語源は1965年(goo辞書より)なので、レオーノフが宇宙遊泳に成功したあとに出来た言葉なのではないかと勝手に推測しています。(違ったらごめんなさい)

というわけで、次は……

ロシア語

ソ連公用語であったロシア語です。

 ロシア語は英語・フランス語・中国語・スペイン語・アラビア語に並ぶ国連の6つの公用語の一つであり、母語話者数は世界で8番目だと言われています。

 ロシア語というと「キリル文字」を思い浮かべる方が多いかもしれません。

キリル文字っていうのは、あれです。

日本では
((( ;゚Д゚)))
こんな感じでみかけるかと。

そうお口のこの子たち→Д(大文字) д(小文字)

キリル文字は33種類で見慣れないものが多いのでわたし的には難易度の高い言語だと思う反面、他の言語と単語が混ざらないので覚えやすくもあります。

f:id:inouekoharu:20160319191646j:image
(ロシア語キーボード)

さてさて、お待ちかねの…
ロシア語で宇宙遊泳は「Выход в космос」!

直訳すると「宇宙に出る」
おおおおお!求めていたものが見つかった感!!!
*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:

  結論、宇宙行きたい。(笑)

 本当はもっと色んな言語をくらべてみようかと思ったのですが、わたしには難しすぎた……また来年頑張ります!

 他の言語を知るとより日本語の素敵さが実感できますね。

 最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!