こはるびより

宇宙旅行を夢みる大学生の雑記

月面ワークショップに潜入!驚きの月面3Dプリンターとは!?

東京遠征中のこはるです!
それでは今日のブログいってみよ〜!

月面ワークショップ

f:id:inouekoharu:20160325161050j:image
  3月21日大阪で、こちらの月面ワークショップが開催されました!
  高校生限定なので大学生のわたしは隅っこで見学です!

 このイベントの主催は宇宙好きなら誰もが知っているであろう、フリーマガジン制作団体「TELSTAR」です!
f:id:inouekoharu:20160325161550j:image
(画像はTELSTAR Twitterより)

 わたしは後半から参加したのですが、イベントは月の環境についての講座を受けた後、チューブロックを使って月面上を想定した建物を作ってみるというものでした。

 チューブロックとは配管メーカーが開発したブロック玩具です。こんなかんじ!

か、かわいい……!!


 宇宙服ショップや月面遊園地など様々な作品が!
  実はこの作品、可愛いだけじゃないんです。重力や隕石が落ちてくること、レゴリス(月の砂)の性質なんかまで考慮してあるので驚きです。君たち本当に高校生なのか!?

月面3Dプリンター?


たくさんの作品の中でわたしが今回注目したのはこれ!

 優勝チームの作品です。下の方にあったのが、そう、「3Dプリンター」!


 宇宙に3Dプリンターって聞いたことはあるけれど、恥ずかしながら漫画の世界の話かと思っていました。

 制作チームの高校生によるとレゴリスを使うんだとか。

 実際に宇宙空間に3Dプリンターを設置することができれば、月への材料運搬も減らすことができるし、かなり便利なはずですが現状はどうなの……?ってことで調べてみました٩( ᐛ )و ✩**・

宇宙で地産地消も夢じゃない


f:id:inouekoharu:20160325222559j:image
 調べてみると2014年12月にすでに国際宇宙ステーション内でNASAのバリー・ウィルモア宇宙飛行士が3Dプリンターで工具をプリントアウトすることに成功しているとのことです。

 NASAの職員は「ISS3Dプリンターを試すことが最初の一歩だ」「それは私たちを可能性の扉に導く。地球上では作れないが、無重力でなら作れるものもあると考えているからだ」と話しているそうです。

 また、月でレゴリスを使って作る建築用ブロックは有害な太陽放射や隕石落下から人間を守ってくれるそうです。

(参考:TED×ESA 3D Printing Our Future in Space and on Earth | Tommaso Ghidini | TEDxESA - YouTube)

*・゜゜・*:.。..。.:*・*:゜・*:.。. .。.:

なるほどなるほど……。

そのうち「Made in SPACE」なんて言葉も珍しくなくなってしまうのかもしれませんね!そう考えるとわくわくしてしまいます。

それでは今日はこのへんでー。