こはるびより

宇宙旅行を夢みるぽんこつ

MENU

世界宇宙飛行士会議2018、開催地はあの国…!?

 

 

f:id:inouekoharu:20180806213718j:image

そういえば、今年の宇宙飛行士会議の開催地はどこなのだろう、とふとググってみると……なんと、9月9日〜16日でベラルーシの首都ミンスクで開催されるとのこと!

 

世界宇宙飛行士会議とは?

世界宇宙飛行士会議 ( Planetary Congress of the ASE)とは宇宙飛行を経験した宇宙飛行士によって構成される非営利団体によって毎年開催される会議のこと。今年で31回目の開催にあたる。世界宇宙飛行士会議の詳細はこちらをどうぞ!

 

 

ベラルーシってどんな国?

f:id:inouekoharu:20180806214118j:image

f:id:inouekoharu:20180806214547j:image

ベラルーシといえば、日本人の99%が訪れることがないと言われているが、2018年7月に30日間ビザ免除の大統領が出され、今後日本からの渡航者も増えるかも……?という国。

 

 公用語ベラルーシロシア語。一度ミンスクで開催されたカンファレンスに参加したことがあるけど、オープニングセレモニーで披露されたベラルーシ民謡もロシア語だった。

f:id:inouekoharu:20180806214841j:image

 ウクライナと同様、英語はほとんど通じなくてロシア語必須。

 

 通過はベラルーシルーブルという独自のものを使っている。

f:id:inouekoharu:20180806212521j:image

(名前忘れちゃったけどミンスクの有名な建物)

 

 ちなみにベラルーシ人の友達に聞いた話によると、ベラルーシ宇宙科学館は1つもないらしい。

 隣のウクライナにはプラネタリウム、宇宙科学館、天文台があったのだけど、ベラルーシには正直あまり宇宙開発のイメージもなく、開催地だと聞いてびっくりした。

 

去年の宇宙飛行士会議

 昨年度はSpace is my futureをテーマに、フランス トゥールーズで開催。

17カ国から98人の宇宙飛行士が集結し、日本人では大西さんが紹介されたほか、国連宇宙局 (UNOOSA)の職員さんが登壇されたとのこと。

 

国連宇宙局はわたしも見学したことがあるのだけど、日本人の職員さんもいるのか〜(そりゃそうだ!笑)レポートにはその職員さんと思われる、若い女性の方の写真が載っていて、憧れてしまった……!

 

 それはともかく、今年も世界宇宙飛行士会議 詳細が気になる!!!

参考 :